光回線の特徴

各種光回線の特徴について

▼光回線の特徴2018▼


<主な光回線の種類>
フレッツ光、auひかり、NURO光、コミュファ光、電力会社系プロバイダ光回線、光コラボレーション


<フレッツ光>
【提供エリア】 全国(※一部地域を除く)
・・・フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本が提供する最大手光回線で、加入数合計は2016年3月時点で1920万件を突破致しました。うちNTT西日本フレッツ光は1000万件達成!FTTH市場におけるNTTフレッツ光(光コラボ)シェアは国内の約70%を占めます。フレッツ光の対応プロバイダは全9種。プロバイダによって月額料金やキャンペーン、特徴などが異なります。また、料金プランが利用頻度別に2種類用意されているのもフレッツ光の特徴!毎日頻繁にインターネットを利用する方向けの「完全定額プラン」、インターネットの利用頻度の少ない方向けの「2段階定額プラン」があります。フレッツ光は現在すでに国内の一般家庭向けに広まりきったことでキャンペーンも少なくなり、現在ではフレッツ光を転用したよりお得な各光コラボレーションや他の大手回線にユーザー比重はどんどん移っていっています。
【対応プロバイダ全9種】・・・Yahoo!BB光フレッツコース、Toppa!、BIGLOBE、plala、ocn、SANNET、So-net、hi-ho、楽天。
【選べるオプション】
●電話サービス・・・ひかり電話。ひかり電話で電話代がもっとお得に!月額500円〜。
●映像サービス・・・フレッツテレビ。月額660円〜で映像・音楽見放題に!
●セキュリティサービス・・・安全・安心のセキュリティ対策ツールがパソコン1台分無料!‥2台分で月額380円(税別)。
●サポートサービス・・・リモートサポートサービス。毎月500円で365日、お困りごとをいつでもサポート致します!

<auひかり>
【提供エリア】 全国(※東海、沖縄他一部地域を除く)
・・・auひかりはKDDI株式会社が提供する現在国内人気No1の光回線で、RBBブロードバンドアワード2015では4部門受賞!3年連続スピード部門第1位!最大1000Mbps(1Gbps)の高速光ファイバー通信サービスです。サクサク検索できて、動画のダウンロードもストレス無くスムーズ!選べるプロバイダは全7種。auひかりではどのプロバイダを選んでも一律料金となっています。人気No1プロバイダはSo-net、No2はBIGLOBE、No3はauonenet。
【対応プロバイダ全7種】・・・So-net、BIGLOBE、@nifty、AsahiNet、DTI、auonenet、@TCOM。
【auサービス】
●auまとめトーク・・・auひかり電話とauケータイをセットで使うと、その通信間の国内通話料が24時間無料。
●auスマートバリュー・・・auひかりの「ネット」「固定電話」、そして「auスマホ」の3点が揃うと、スマホ利用料が1台当たり毎月最大2,000円割引に。家族でauスマホを使えばお得さ倍増!
【選べるオプション】
●電話サービス・・・通話料金は全国一律!現在の番号そのままカンタンお手続きが可能です!
●TVサービス・・・専門チャンネルとビデオがいつでも好きなときに見放題!リモコンひとつで自宅でレンタル可能!
●セキュリティサービス・・・メールウィルスチェックは無料で標準装備!その他豊富なラインナップあり!
●無料出張サポートサービス・・・インターネットの設定に自信のない方も安心。プロのスタッフが設定に伺います!
●無線LANレンタルサービス・・・Wi-Fiにすれば、家中どこでも快適にインターネットを楽しめます!
●auでんき・・・ついに電気は選ぶ時代へ!auケータイなどとセットで 電気料金がおトクになります!

<NURO光>
【提供エリア】 関東地方(※一部地域を除く)
・・・NURO光はSo-netが提供する関東地方の光回線で、RBBブロードバンドアワード2015にてキャリア・スピードの部優秀賞受賞。下り最大2Gbps・上り最大1Gbpsの世界最速光回線です!個人宅向けの商用FTTHサービスとして驚異的なスピードを達成しました。音楽やYoutube動画の閲覧・ダウンロードのスピードを超高速に。あなたのインターネットライフをワンランク上へと導きます。現在、NURO光のサービス提供エリアは一都六県・・・東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県です (一部エリアを除く)となっております。※「戸建」「5階建て以下のマンションのお客様」のみ対象。(5階以下にお住みの場合でも6階建て以上のマンションは対象外。)

<コミュファ光>
【提供アリア】 東海地方(※一部地域を除く)
・・・コミュファ光は、KDDI系列の中部テレコミュニケーション(CTC)の光インターネットサービスです。最大1Gbpsの高速インターネット接続で各種サイトの閲覧はもちろん、動画やオンラインゲーム、音楽配信サービスなどのブロードバンドコンテンツもストレスなく存分に楽しめます。これまでさまざまな調査で「お客さま満足度No.1」「速度No.1」の評価を獲得しました。

<eo光>
【提供エリア】 関西地方(※一部地域を除く)
・・・eo光ネットは、関西電力の子会社-株式会社ケイ・オプティコムが提供する光回線インターネットサービスです。他社と比較してもサポートやセキュリティ対策は万全!メールやホームページなどプロバイダサービスも充実!安心安全で高速快適なインターネットライフを楽しめます。追加オプションとして、eo光電話、eo光テレビ(※アンテナ不要・チャンネル数は業界最大数!)もあります。
※電力会社系光回線インターネットはeo光の他に、MEGAEGG(中国地方)、PIKARA(四国地方)、BBIQ(九州地方)などがあります。

<各種光コラボレーション>
【光コラボの種類】
ソフトバンク光、So-net光、ocn光、U-NEXT光、BIGLOBE光、DTI光、ぷらら光‥等。

【提供アリア】 全国(※フレッツ光に同じ。一部地域を除く)
・・・光コラボレーションとは、フレッツ光回線の卸売を受けた各事業者が独自のサービスを組み合わせるなどして、インターネット接続その他サービスを比較的安くお得に提供します。現在では500以上の企業が光コラボレーション事業に参入しています。フレッツ光から各種光コラボへの移行に関しては回線を転用するため、一部ケースを除いて工事は不要。もちろん工事費などもかかりません。簡単な手続きのみでフレッツ光よりも月額利用料の安い、よりお得な光コラボへの移行が可能です。


 近年はインターネットのインフラが驚くほど発達し、従来のADSLに代わって劣化しにくく高速通信を可能とする光回線が現在固定回線の主流となりました。回線の種類も提供エリアがほぼ全国となるフレッツ光・光コラボやauひかりもあれば、関東、関西、九州などの各地域限定の回線もあります。さらには人気の大手光回線だと、その回線キャリアの公式サイトもあればお申し込みを受け付けている代理店もたくさんあったりしますので、選ぶときはどこから申し込むべきか本当に迷ってしまいますよね。

フレッツ光は現在では
ほぼ‘法人向けの回線’といえます。


まず、現在でも未だ全国シェアTOPとなるフレッツ光に関しては、以前はネットだけでなく家電量販店などでもお得なキャンペーンを実施していて、「ネット回線といえばフレッツ光!」と言われるくらいに人気の光回線でした。しかし、現在ではもう全国に広まりきってしまってキャンペーンも減り、キャッシュバック額も多くて1万円程度でキャッシュバック時期も遅いところばかりですので、お得さはほとんど無くなってしまいました。法人向けにはまだお申し込みプラン次第である程度の金額のキャッシュバックや豪華景品がプレゼントされるようなところも残っていますが、少なくとも個人の方向けにはお得感は完全に影を潜めてしまいました。

今ではフレッツ光回線を扱う代理店ですら、個人の方のお申し込みにはフレッツ光を勧めることなく大手光コラボレーション回線の名前を出して「こちらのほうがずっとお得ですよ♪」と案内される始末です。今はフレッツ光はほぼ‘法人向けの回線’といえるでしょう。法人であれば、キャンペーンの適用もさることながら、料金プランのお得さや回線のスピード開通可能な点、地上波テレビが見られるフレッツテレビなど、さまざまな事情のある法人にとって嬉しいフレッツ光ならではのメリットも多いですからね。

auひかりは光回線の中で回線品質・お得さともトップクラス!


次に、フレッツ光に続いて全国シェアNo2を維持するauひかりに関しては、提供エリアが東海・沖縄を除くほぼ全国に対応しています。現在もお得なキャンペーンが豊富で、キャッシュバックの金額や条件も代理店次第でかなり良く、オプション加入不要・ネットのみのご契約であっても3万円以上の高額キャッシュバックが望めます。

auひかりはRBBブロードバンドアワードでも数年間ずっとスピード部門第1位と評価され、地域別のキャリア部門でも複数の地域で最優秀ブロードバンドアワードと長年高く評価されてきました。口コミも比較的好評となっているauひかりは今一番おすすめできる光回線といえます。

光コラボでお得なのはドコモ光 or ソフトバンク光!


次に光コラボレーションに関してですが、2015年4月頃よりNTT東日本・西日本がフレッツ光回線の卸売を始めており、それを買い取ることで国内の各事業者は光回線事業への参入が比較的容易にできるようになりました。光コラボレーションはすべてフレッツ光の卸回線ですから提供エリアもフレッツ光と同じほぼ全国となり、新規お申し込みはもちろん、フレッツ光回線からの転用も可能です。転用の場合はどこの光コラボでも一部ケースを除いて工事不要、簡単な手続きのみで申し込めるのですが、1つ注意すべきなのは転用は1回のみ有効だということ。一度転用処理が完了すると転用のやり直しはもう利かず、そこから何らかの問題が発生したりして他の光コラボやその他の光回線にしたくなった場合には完全に新規(有料工事)でのお申し込みが必要となります。

現在すでに500以上の企業が光コラボレーション事業に参入していますが、光コラボレーションの大部分を占めているのはドコモ光とソフトバンク光の2大携帯キャリアです。この2つを合わせると光コラボレーションのうち約6割以上の市場シェアを占めます。いずれも携帯・スマートフォンとのセット割がありますので、ドコモ携帯ユーザーはドコモ光を、ソフトバンク携帯ユーザーはソフトバンク光を選ぶことで、携帯もしくはスマホの月額料金が割引されてとってもお得です。

地域限定の回線は通信速度がさまざまあります。


最後に各地域限定の光回線に関してです。これは関東地方のNURO光、東海地方のコミュファ光、近畿地方のeo光、中国地方のMEGAEGG、四国地方のPikara、九州地方のBBIQなどが各地で人気となっていますね。関東地方のNURO光に関しては最大下り2Gbpsの超高速通信サービスというのが最大のウリで、動画のダウンロードなど日常的に大容量データを扱う方にオススメの回線です。お値段は機器レンタル料金、セキュリティ料金まで含めて月額4,743円の完全定額なので安心。また、NURO光はこれまで提供対象が「戸建て&5階建て以下のアパート・マンション」とされてきましたが、2017年2月頃より「戸建て&7階建て以下のアパート・マンション」に提供対象が拡大されました。

東海地方のコミュファ光は、KDDI系列の中部テレコミュニケーション株式会社が提供する光回線で、戸建て・アパートマンションとも3つの通信速度プランから選べます。例えば日常でネットのご利用頻度が少ない方や通信速度にそれほどこだわらない方は、通信速度の低いプランを選択することで他回線よりも断然格安でインターネットを利用できます。従来の主流だったADSL回線(※通信速度50Mbps程度)にご満足されていた方であれば、コミュファ光の100Mプランや300Mプランもおすすめで、充分に満足できると思います。また、戸建ての方限定のコミュファ光テレビ(月額460円)も安くて好評です。

近畿地方のeo光は関西電力の子会社ケイオプティコムが提供する光回線で、エリア限定にも関わらずフレッツ光(光コラボ含む)、auひかりに次ぐ全国シェア第3位の人気回線です。eo光は最初の1年間は新スーパースタート割による大幅割引によってマンション・ホームとも月額2000円台〜OK!ととっても格安で始めることができます。物件によって通信方式や速度は決まっており、選択は不可。通信速度1Gbpsのところもあれば100Mbpsなどの低いプランが適用されることもあります。また、上記コミュファ光・eo光ともにauで人気のスマートバリューが適用可能となっている点も嬉しいポイントですね。auスマホユーザーだからといっても、何もauひかりだけがお得というわけではないのです。

 

サイトマップ